FC2ブログ

だから歩いていくんだよ。のブログ

岐阜県内の観光や祭、地域情報がほとんど。

住民の暮らしを守る仕事

 今日の午前中、部屋のチャイムが鳴ったので不審に思いました。
 訪ねてくる予定の人はあったんですが、1時間以上も早いので別人だと思いました。でも、ネット通販等の心当たりもないので、宅配便や郵便局でもないと思いました。
 休みの日の午前中は、何とかいう宗教の勧誘の人とか、住宅販売の営業マンが時折訪ねてくることがあるので、またそういう人達だと思いました。こういう方々は私個人に御用があるわけではないので、チャイムを鳴らすのは一回だけで、応対に出るのが遅いとドアの前から姿を消していますが、今日は2回鳴ったので、ドアスコープから覗きました。
 消防の活動服を着た男性の姿が見えたので、ドアを開けようとしたときに、今度はドアをどんどんと叩かれました。何事 (゚д゚)!?と思ってドアを開けますとね、その人は、「このマンションから119番通報があった」と言うんですよ。
 どうも通報元の部屋番号がわからないので、一軒一軒訪ねているようでした。とりあえず、通報したのは私じゃないので、そう言うとお帰りになりました。
 消防なら、通報者を探すだけじゃなくて避難の呼びかけもしそうなので、119番の中身はきっと救急だと思いますが、部屋にいるっぽいのになかなか応答がない私はさぞ心配をかけたんじゃないかと思います。だから、扉も叩いたんだろうなぁ。
 ただ、訪問のある前も後も救急車の音は聞こえなかった気がするんですよねぇ。往路も復路も普通はサイレンを鳴らすと思うんですが。いたずらだったのかなぁ。その場合でも、往路はサイレンを鳴らすよねぇ。──もしかして、防災訓練か?(謎)
 ま、いずれにしても、こういうお仕事の人は大変だなぁということを思い、以前、警察官の訪問があったことを思い出しました。
 その日は夜でしたが、「こんな時間に何事 (゚д゚)!?」と思って応対に出ると、警察官が2人、部屋の前に立ってました。このときは「このマンションで児童虐待の疑いがある」という通報があったということでした。
 私の家には子供はいないのでそう話したところ、子供のいる世帯はどこかとか子供の泣き声とか不審な声を聞いたことはないかなどと質問をされました。特に心当たりはないのでそう答えましたが、このときも「警察官は大変だなぁ」と思いました。
 多分ね、虐待なんてないと思いましたよ。だって、子供がひどく泣くなんて声を、私は聞いたことがないもの。
 たまに、休みの日とか外がうるさい(子供の遊ぶ声がする)と思うことはありますが。
 でも、こういう通報があるたびに、警察官はこうして足を運ぶんだなぁと思って、このときも感心しました。しかも、2人体制。
 消防官も警察官も、通報があるたびに、空振りを恐れずにこうして必ず動いてくれるんだと思うと、ほんと頭が下がりますね。
 写真は、4年前にたまたま目にした岐阜県警本部機動隊の訓練風景。
20140910_岐阜県警機動隊01 20140910_岐阜県警機動隊02 20140910_岐阜県警機動隊03
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

クララザール

 今日は、職場の同僚のコンサートに行ってきました。
 趣味(まぁ一応)でバイオリンを演奏している人がありまして、弦楽器中心のグループを作ってらっしゃいますのよ。
 プロではないので趣味と書きましたが、私は音楽はとんとわかりませんけど、多分、かなりのレベルにある方々だと思います。昨年初めてコンサートを聴いたときには、びっくりしました。
 会場は、岐阜市本郷町のケヤキ並木通りにあるクララザール。
20180901_クララザール02
 ご覧のとおり、レンガ造りの素敵な建物で、立地するケヤキ並木通りもブロンズ彫刻が点在するおしゃれな通りなのです。
20180901_クララザール11 20180901_クララザール10
 昔、おしゃれコンサートクラブが活動の拠点にしていた場所なので、私は「ハイソな方々が集う、貴族のサロン的なスペース」というイメージを持っておりまして、私が行けるような場所じゃないなぁと、何となく思ってました。
 別に会員制というわけでもないのですが、小さいホールだと客の一人一人の顔が見えるので、観客もプレッシャーを感じると思うのですよ。大きいホールだと他の観客に紛れられるので、私のような一般人には、大きなコンサートホールの方がむしろ行きやすいわけです(心理的に)。それに、公共のホールよりも私立のホールの方がトクベツ感がある気がして、私は緊張します。これは、美術館でも同じです。
 そのクララザールが館長の高齢化を理由に閉館すると聞いたときは、時代の流れを感じるともに、「とうとう行けなかったなぁ」と残念に思いましたが、今はクララザールじゅうろく音楽堂として再開されています。
 そういう(私にとって)トクベツなところに行くということと、演奏者に敬意を表して、ちょっとだけおしゃれをして行きました。
 建物の前は数えきれないほど何度も通っていますが、中に入ったのは初めてです。
20180901_クララザール01 20180901_クララザール04 20180901_クララザール06 20180901_クララザール07 20180901_クララザール09
 想像どおり、美しい空間でした(トイレまできれいでした^^)。ことに窓枠が切り取る外の景色は美しかったです。
 想像と違ったのは、ホール(箱)の形くらい。
20180901_クララザール05 20180901_クララザール08
 西洋絵画に見られる貴族のサロンのコンサートみたいに、どちらかというと横に広くて天井が低いのを想像していましたのよ。
 ちなみに、クララザールの“クララ”は、クララ・シューマンから採ったということは容易にわかりますが、たくさんの音楽家の中でなぜ彼女なのかは不明。クララザールはご夫婦で運営されていたと思うので、シューマン夫妻になぞらえたということかな。
20180901_クララザール03

テーマ:岐阜県 - ジャンル:地域情報

岡田の谷の半夏生園

 今日も暑いっすね。☆-ヽ(*´∀`)八(´∀`*)ノ ←も、おかしくなって、顔文字の選択間違ってます…

 暑い暑いと言っていても仕方がないので、また、奈良に行ったときのことを書こうとかと思います。書きたいことはいっぱいあるんだもの。
 と言っても、今日は軽いお話。

 今年はとにかく暑いので、せっかくの奈良行きも夏季大学以外の予定は何も決めずに行きました。いつものペースで歩き回ったら死ぬかもしれん…と思ってましたからね。
 なので、以前から気になっていた「岡田の谷の半夏生園」というのに行ってみました。
 チラシによりますと御杖村というところにあるんですが、こんだけ奈良に通っている私でも、「それどこ?」と思いました。村の名前も初めて聞きましたし。
 道の駅・伊勢本街道御杖の観光案内所の人にアクセスマップで説明してもらって行きました。
20180725_岡田の谷の半夏生園01
 駐車場に車を駐めて指示どおりに歩いていくと、「お、地元の人だ」と思ったら
20180725_岡田の谷の半夏生園02
 ……違ってました…。
20180725_岡田の谷の半夏生園03 20180725_岡田の谷の半夏生園04
 人形が置いてある意味はよくわからないのですが、門があるということは聞いていましたので、説明があったとおり、閂を開けて入りました。
20180725_岡田の谷の半夏生園05 20180725_岡田の谷の半夏生園06
 鹿の侵入防止のための門なのだそうです。
 この門を開けて入ったところに、また人形が設置されてるので、さすがにこれはびっくりしました。
20180725_岡田の谷の半夏生園07 20180725_岡田の谷の半夏生園08
 この山道を歩いていった先に半夏生園はありました。
20180725_岡田の谷の半夏生園09 20180725_岡田の谷の半夏生園10
 徒歩5分と門に書かれてありますが、そんなにもかかりませんでした。
20180725_岡田の谷の半夏生園11 20180725_岡田の谷の半夏生園12 20180725_岡田の谷の半夏生園14 20180725_岡田の谷の半夏生園15
 道の駅では、「今年は暑すぎて、もうかなり終わっている」と言われましたが、私は結構満足しました。
 ま、でも、いま改めて撮ってきた写真とチラシの写真を比べると、かなりの差はありますが。
 半夏生は、奈良県のレッドデータブックで希少種に指定されているんだそうです。
 華やかではないですが、涼やかでいいですね。月の明るい夜にここに来たら、ものすごく幻想的な光景が見られるんじゃないでしょうか。
 念のため言っておきますと、白いところは花ではなくて葉です。
20180725_岡田の谷の半夏生園13

テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

激日差しには日傘

 今日も35℃あったらしいです。暑かったもんなぁ…。
 相変わらず日傘は手放せませんが、ちょっと前までは「日傘なしで外に出るなんて自殺行為や…(;´・ω・)」と思うほどの暑さでしたけど、そこまではいかないかな、という気がします。夜は何とか過ごせるようになったしね。
 疲れはかなりたまってる感じです。

 それはそれとしまして、今年はこの暑さのせいか、日中に傘(日傘かどうかは不明)をさしている男性を何度か見ました。
 何年か前に「男性用の日傘が売れ行き好調」という新聞記事を読んだことがありますが、いよいよ、男性にも日傘の良さがわかってきましたか、という感じです。
 一番衝撃を受けた男性の傘スタイルは、ふりふりのレースがついた日傘をさして歩いていた男性です。岐阜県庁の近くで見ました。
 びっくりしたけど潔いと思いました。ふりふりのレースがいっぱいついた白い傘は恐らくご自分の傘ではないと思うので(もし自分の傘だったら、それはそれで衝撃を受けますΣ(・ω・ノ)ノ!)、奥さんに持っていくように言われたのか、あるいは自分で「これはヤバい」と思って奥さんに借りたのかわかりませんけど、そのどちらかですよね? 身を守るためには、日傘は必需品だと思うので、この人の行動は正しいと思いました。
 私の主観ですけど、暑さ除けで一番効果があるのは日傘だと思うんですよ。
 日傘を持つと手がふさがってしまうので、以前はつばの大きい帽子をかぶってみたりもしましたけど、私の結論としては、暑さ除けに一番効果があるのは日傘だと思います。女性が日傘をさすのは、日焼け防止のためもあるんですが、自分で日陰を作るのが、実は一番涼しいわけなのね。
 それに、真夏の直射日光を直接浴びると、痛くないですか? だから、半袖よりも長袖の方が過ごしやすいのね。ここまで暑いとさ。
 数年前、多治見が日本最高気温を記録した頃、多治見市の某エライ人が「40℃近くなると、暑いというより痛いんだよね」と言われていたことがあります。そのときはまだあまりピンときませんでしたが、今はよぉーくわかります。
 炎天下には外に出ないのが一番ですけど、外出しなければならないなら、日傘に長袖(カーディガンを羽織ったり)、もしくは日よけの手袋やストールが、私の外出時の必需品になっています。
 そういう私から見ると、「外国人観光客はその服装で大丈夫なのかしら」と、いつも法隆寺の夏季大学に行く度に思います。ノースリーブ&短パン&帽子なしという服装で歩いている姿をよく見かけるんですよ。でも、その服装は暑いし、痛いやろ…。
 法隆寺iセンターには、無料の貸し日傘があったので、使わせてもらえばいいと思いましたわよ。
20180726_日傘を使う男性04
 …というわけで、今日の写真は、法隆寺で見かけた、日傘や雨傘をさしている男性。
20180726_日傘を使う男性01 20180726_日傘を使う男性02 20180726_日傘を使う男性03 20180726_日傘を使う男性05 20180729_日傘を使う男性06 20180729_日傘を使う男性07

【過去の関連記事】
夏は暑い (2007/08/12)
多治見市役所の温度計 (2010/08/19)
クールアイランド舗装の実証実験 (2010/08/26)
夏は暑い (2011/06/27)
田んぼの効能? (2013/07/22)
本日は大暑です (2018/07/23)
ミミズの大量死現場 (2018/07/24)
想定外の暑さと熱さ (2018/08/06)
天岩戸がほしいなぁ (2018/08/10)

テーマ:日記 - ジャンル:日記

さくらももこさんの訃報

 今日はちょっと忙しくしていました。
 カーラジオをつけていたら、夜のニュースでさくらももこさんが亡くなっていたというのを聞きました。びっくりしました。
 私は、『ちびまる子ちゃん』の世界が自分の子供の頃と同じ時代の出来事だと思っていたのですが、昔、友人に「何言っとるの。私達よりも少し年上やよ」と言われたんですよねぇ。ニュースによると53歳だそうなので、「あ、本当だ」と思いました。
 それでも、年齢の近い人が亡くなるというのは、いろいろと考えることがありますねぇ。
 アニメの『ちびまる子ちゃん』がどうなるのかな、ということも思いました。
 でも、よく考えたら、今も放送中の子供向けアニメは、作者がお亡くなりになってるものが多いのね。知ってる範囲では、『サザエさん』、『ドラえもん』、『クレヨンしんちゃん』、『アンパンマン』くらいでしょうか。
 以前、やなせたかしさんが亡くなったときにも、「これで『アンパンマン』も放送終了かぁ」と思ったのですが、まだ続いてるのね。キャラクターと設定を使って、誰かがお話を作ってるわけなんですけど、これも何かすごい違和感があるんですよねぇ。
 ファンがキャラクターを使ってお話を作ることは著作権上問題があるのに、作者が亡くなった後、著作権を管理している団体や企業が新たに制作するものは問題ないどころか、それが“オリジナル”とされるところに違和感を覚えるのよねぇ。これも二次創作以外の何ものでもないと思うんだけどなぁ。
 というようなことを考えたニュースでした。
 ちなみに私、まるちゃんとたまちゃんなら、見本がなくても描けます。ヽ(^o^)丿
20180827_まるちゃんとたまちゃん

【過去の関連記事】
やなせたかしさん (2013/10/21)

テーマ:日記 - ジャンル:日記

FC2Ad