だから歩いていくんだよ。のブログ

岐阜県内の観光や祭、地域情報がほとんど。

陶芸教室(?)2017年10月

 どうも風邪をひいたらしいです。
 金曜日に仕事しながら「どうもおかしい」と思ったんで、念のため測ってみたところ、熱がありました。「やっぱり…」と思って、午後からお休みをもらいました。
 微熱が出ることはよくあるのですが、熱だけのときは、意外とフツーに仕事ができたりするのですけど、この日は頭痛もあってしんどかったので「これはあかん」と思いましたのよ。
 で、ずーっと寝てました。驚くほどたくさん眠れました。
 翌土曜日は熱が下がったので、陶芸教室に行きました。というか、ちょっとお約束があって、某発表会を聞きに行くことになってましたのよ。
 せっかく多治見に行っても、多分、作業する時間はほとんどないので、いつもより一時間早く出かけまして、今月中に終わらせておきたい仕事をしました。
 これね。
20171021_陶芸教室(?)2017年10月01 20171021_陶芸教室(?)2017年10月02
 お正月用の干支の箸置きに呉須で絵を描かねばなりませんの。
 結構、さくさくいけると思っていたんですが、思ったよりもしんどかったです。
20171021_陶芸教室(?)2017年10月03
 でもまぁ、何とか描き上げることができました。
 ただ、かわいい顔になったかどうかが超心配なんですよねぇ。犬って難しいわ。
 ……と、何とか目的は達したのですが、帰ったら、体がしんどいのなんのって。熱はなかったんですが、相変わらず頭痛はあるし、やたらと眠いし、というわけで、今日は一日グダグダ過ごしました。
 おかげで、昨日よりも体は楽です。
スポンサーサイト

テーマ:陶芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

飛騨高山サイダー

 書くことがどんどんたまっていくのに、全然書けないでいます。…orz
 夜遅くなることが多くて、寝ちゃうのよねぇ。それとか、気持ちの問題で、PCに向かえなかったりさ。

 そういうわけで、今日は(も?)簡単に更新。

 先日、高山に行った際、帰りに立ち寄った道の駅で初めて見るサイダーがあったので買ってしまいました。
 これ。
20170909_飛騨高山サイダー
 飛騨高山サイダー。350ml、200円。販売者は(有)飛騨きよみ特産品販売HK。
 「絶対、フツーのサイダーよね」と思ったのに、買わざるを得ない自分が悔しいです…。
 ここぞと思うときに飲もうと思ってましたが、先週、冷蔵庫の中の飲み物が枯渇したので、いよいよ飲んでみました。
 味はやっぱりフツーにすっきり甘くて、飲みやすいサイダーでした。一気飲みしちゃいました。

【過去に紹介した岐阜県産清涼飲料水】
[炭酸水(サイダー、ラムネなど)]
長良川サイダー[岐阜市](2012/06/06)
長良川サイダー(岐阜城盛り上げ隊ラベル)[岐阜市](2014/03/11)
柿サワー[岐阜市](2016/09/11)
大垣ラムネ[大垣市](2012/10/18)
養老山麓サイダー[養老町](2012/10/19)
養老山麓サイダー[養老町](2017/7/2)
めざまし天然水[関市](2015/03/29)
いちごの天然水サイダー[関市](2015/06/02)
道の駅 可児ッテ Rose Cider[可児市](2014/06/23)
白川茶イダー[白川町](2011/08/21)
麦わらサイダー[瑞浪市](2012/08/16)
ひだニャンコサイダー[下呂市](2015/11/29)
飛騨高山まんてん泡水[高山市](2013/05/10)
飛騨清見サイダー[高山市](2017/01/05)
飛騨高山サイダー[高山市](2017/10/09)
白川郷サイダー[白川村](2012/10/21)
[いわゆるジュース]
柿ドリンク[岐阜市](2015/07/13)
美人姫のジュース[羽島市](2012/01/31)
南濃みかんじゅーす。[大垣市](2012/11/10)
かみのほさわやかゆじゅ[関市](2016/05/29)
ひるがの高原ジュース[郡上市](2012/10/23)
ひるがの高原にんじんジュース[郡上市](2013/05/15)
ムギュッと果実[郡上市](2011/09/10)
すっぱーいゆずジュース[恵那市](2013/06/17)
庄兵衛さん家のキャロりんご[高山市](2012/10/24)
うんまい庄兵衛さん家のとまじゅう[高山市](2017/09/21)
飛騨の桃[高山市](2013/05/17)
ミニトマトジュース ピコ[高山市](2015/08/19)

テーマ:岐阜県 - ジャンル:地域情報

「中山道がつなぐ東西文化」

 昨日は東京出張で一日不在にしていたので、今朝はいつもよりもさらに早く出勤しました。…ら、案の定、また新たな依頼のメールが入ってました。
 内容確認のために送信者のところに足を運ぶと、「いつもいないね」と言われました。……休んで遊びに行ってるわけじゃないのはご理解いただけてるみたいですけど(ため息)。
 で、その急ぎの事務をがががっとやって、自分が照会した分の回答待ち時間にちんまいのを2件片付けて、何とか「今日中」「明日中」と言われていたのを片付けることができました。
 それから午後は、職場の安全衛生管理の指導を受けまして、ようやく今日の義務は終了しました。
 その後、ようやく、ずっと長いこと後回しにしていた事務にとりかかることができました。もう夕方でしたけど。
 とにかく切りのいいところまではやろうと思って、ひとまず1/5終了したところで今日は切り上げましたけど、残業して、もっとやっておくべきだったかなぁ…と帰り道をとぼとぼと歩きながら思いました。まだ、その後にやらなくちゃならない大物が控えてるからねぇ。でも、何となく目途がついた(着手できて終わりが見えてきた)と思ったので、ちょっと気が抜けちゃったのよねぇ。
 明日もほぼ一日事務に時間を充てられるので、あと4/5終わるんじゃないかと思うんですが。

 そういうわけで、気持ちが疲れているので今日は早く寝たいと思いますが、簡単に少しだけ更新。
 先日、9月30日(土)に清流文化プラザで開催された「中山道がつなぐ東西文化」に行きました。
 岐阜メモリアルセンターと清流文化プラザを繋ぐ清流デッキが開通したので、「東西を繋ぐ」→「中山道だっ(∀)」というわけで、この日に開催されたイベントです。
 これが、その清流デッキね。
20170930_中山道がつなぐ東西文化05 20170930_中山道がつなぐ東西文化06
 道路を挟んで、東のメモセンと西のプラザを繋いでいます。
20170930_中山道がつなぐ東西文化01
 イベントでは、岐阜県の中山道の東の端の中津川市長と西の端の関ヶ原町長の他、西と東の文化を紹介する文化人がご講演というか、お話しをされました。それから、この度、「ぎふの宝物」に選ばれた東濃の山城の認証式。
20170930_中山道がつなぐ東西文化02 20170930_中山道がつなぐ東西文化03 20170930_中山道がつなぐ東西文化04
 それぞれ、ちょっと書きたいことはあるけど、長くなりそうなので今回は書かないの。
 ただ、「中山道がつなぐ東西文化」なので、過去にブログで書いた中山道関係の記事だけ紹介しておきます。
 ステージ横やメモリアルセンターのデッキにのぼりが立っているのを見てましたけど、基本的に、私、全部の宿場を見に行っています(ブログを書き始める前に歩いたのもありますが)。
20170930_中山道がつなぐ東西文化07
 「でも宿場だけ見ててもあかんなぁ」と思ったんで、過去に「県内だけでも踏破したい」と思って計画だけ立てて、実はそれきりになってます……(;^ω^)
 昨日の『春の小川』の現地じゃないけど、実際に見たり、歩いてみないとわからないことって、あるよね。
 県内の中山道は、9年前に統一デザインで案内表示を充実させたので、迷子にならずに歩けると思うのよねぇ(まだ剥がれずにちゃんと残ってれば)。
20101105_中山道ロゴ

【過去の関連記事】
[馬籠宿]馬籠宿 (2010/08/25)
[落合宿]『十三人の刺客』観てきた (2010/11/03)
[中津川宿]中山道 中津川宿 (2010/11/05)
[大井宿]中山道大井宿 (2010/05/16)
[細久手宿]中山道往来 (2010/11/07)
[細久手宿]細久手宿の大黒屋 (2010/11/08)
[御嵩宿]本陣どら焼とかにっこ (2009/11/16)
[御嵩宿]中山道往来 (2010/11/07)
[関ケ原宿]関ヶ原宿のちょっと古い建物 (2013/12/02)
[その他]リニア中央新幹線のルート (2009/07/24)
[その他]中山道ハム (2010/01/20)

テーマ:岐阜県 - ジャンル:地域情報

春の小川

 今日は一日東京に行ってました。
 先週と違って、今日の予定は2件だけだったので、ちょっとは楽でした。帰宅時間は一緒だけど、朝が少しゆっくりでしたの。
 でも、疲れるのは疲れますけどね。足のむくみ具合は、先週とほぼ同じでした。一度靴を脱ぐと、もう一度履くのがしんどいしんどい。

 で、今日は何を書くかというと、コレです。
20171004_春の小川10
 わかりますかね? 童謡『春の小川』の歌碑です。
 今日は代々木公園近くに約束がありまして東京に行ったんですけども、約束の時間までちょっと余裕がありましたので、近くにある『春の小川』の歌碑を探すことにしましたのよ。
 一応、事前にグーグルマップさんで場所の確認はしてましたが、目印らしい目印のないところなので、ちゃんと辿り着けるかどうか不安でしたが、道々にちゃんとこんな案内がされてました。
20171004_春の小川01 20171004_春の小川03 20171004_春の小川04 20171004_春の小川14
 でも、これがなかったら、ここが春の小川だなんてわからなかっただろうなぁ。
20171004_春の小川02 20171004_春の小川05 20171004_春の小川07
 写真をよくご覧いただくとわかるとおり、ところどころにマンホールがあるし、側溝が蓋されていることに気づくと思います。かつての春の小川は、今は暗渠になってしまっているので、目に見えるのはこういうものだけなのですね。
20171004_春の小川06
 歌碑は、代々木公園駅や小田急線の代々木八幡駅から、春の小川沿いに10分くらい歩いたところにありました。
20171004_春の小川10 20171004_春の小川11 20171004_春の小川13 12 20171004_春の小川16
 どうやら「春の小川守る会」というのが、歌碑や電柱の案内を作ったみたいです。
20171004_春の小川09
 すぐ隣には、「はるのおがわコミュニティパーク」(左の写真)と「はるのおがわプレーパーク」(右の写真)がありました。
20171004_春の小川15 20171004_春の小川08
 見たところ、名前以外は『春の小川』らしさはない感じ。
 とまぁ、この辺までは前もってネットで調べていたので、特に新たな発見もありませんでしたが、実際に行ってみると、「え、こんな地形なの?」ということはびっくりしました。
 私は、見渡す限りの平面になっている田園地帯を流れる川を想像してたんですが(岐阜県の南部地域みたいなところ)、ちょっとした丘(?)に挟まれた狭隘な土地でしたのよ。
 そういう土地なので、そこに水が流れるということ自体は至極自然なことですが。
 ちなみに、私が以前作った(まだ焼けてませんが)表札は、『春の小川』の歌詞のイメージで作りましたのよ。ご参考まで。
陶芸教室(?)2017年5月02

テーマ:東京23区 - ジャンル:地域情報

骨髄ドナーコーディネート(2回目)

 昨夜は信じられないくらい眠かったので、比較的早く寝ました。
 そのおかげか、今朝はいつもよりもさらに30分早く出勤しまして、朝からバリバリバリと事務仕事。
 本当は、昨夜、上司の了解を取って提出してしまいたい書類があったのですが(上司にちょっと時間的余裕があったので)、隣課から「ちょっと検討させて」と言われ、待っている書類があったのでできませんでした。
 で。
 今朝は、上司から「見とくわ」と言われて預けたままになっている書類も正式に起案してしまいまして、合わせて2本の決裁をいただくことができました。( ´∀`)b
 「返事待ち」とか「提出待ち」という状態は、自分ではどうにもならないものですから、ものすごくストレスがたまるんですよね。でも提出してしまえば、私の手から離れるのでちょっとホッとします。
 まだまだやることがたくさんあるというトコロは何も変わりませんが、一つでも手を離れると、気持ちが楽になるのよね。

 とゆーわけで、今日はちょっとだけ書きます。

 以前も書いたとおり、私、骨髄バンクに登録していて、一度、コーディネートが始まったことがあるのですが、そのときは、私の血色素量(HB)が基準値に達していなかったので、コーディネート終了になりました。
 私は献血でも断られることが多いので、「もう骨髄を移植することはないのかもしれないな」と何となく思っていたところ、8月にまたコーディネートのお知らせが届きました。以前と同様に、オレンジ色の鮮やかな封筒で。
 今回の問診票は、前回に比べるとボリュームは小さかったのですが、ちょっと答えにくくなってました。
 前回は、家族の同意は、まず自分の意向を提出してから得ればよかったのですが、今回は最初の問診票の際に同意の有無を聞かれますし、現在服薬している薬(市販薬含む)とか、結構細かく聞かれました。私は疲れ目の目薬(市販薬)を使っているので、「こんなのも記入するのか?」などと思って、問診票に書き込む手が止まるのよねぇ。
 でも結局、病院で医師の問診を受けたときに、そういうことも話して、結局、医師側の問診に記載されるようなので、「これくらいは記入不要だろう」なんて思わずに、全部馬鹿正直に書かなあかんのやな、ということは思いました。
 今回もコーディネーターと事前の検査機関(近所の病院)は同じでした。以前の血液検査の際に、医師が採血に失敗(?)して、腕の中で針をぐるぐるされそうになったので、「今回もこの人か……(/o\)」と内心悲しかったんですが、今回の採血は一発で済みました。ほっ(^-^;
 今回は、血液検査にも「合格」しましたので、いよいよ骨髄提供になるんだわと思いましたが、その連絡が電話と封書で届いた直後に「コーディネート終了のお知らせ」が届きました。「患者さんの都合により終了」ということしか教えてもらえませんでしたが(そういうルールらしい)、「こんなに急に…」ということは、あまりよくないことが患者さんにあったんだろうと思うと、ちょっと暗くなりました。
 実を言うと、改めて説明を聞いて、内心「やっぱり怖い…」と思っていたのを、「でも、やらなくちゃ」と思って気合を入れていたところだったので、正直なところ、ほっとするのと同時に、患者さんのことを思うと、そんなことを思う自分の浅ましさに思い至って自己嫌悪するという感じでした。
 怖いならやめてもいいし、骨髄バンクから登録削除してもらえばいいんですけど、でも私は、それをしたらあかんと思うのよ。

 ところで、今回は、前回にはなかった「末梢血幹細胞の提供」という手法の説明も受けました。
 これは手術不要で、献血のときみたいにただ寝ていればいい(時間は長いけど)という方法なので、絶対にこの方が楽だろうと思ったのですが、意識のあるまま3~4時間もじっとしていなければならない(頭が痒くなっても自分で掻けない。すぐ横に控えている人に掻いてもらう)ので、これはこれでかなりの苦痛だということも言われました。
 事前の検査の都度、仕事を休むことについては、長い時間でもないし職場にあまり迷惑をかけることはないと思いましたが、骨髄移植手術や末梢血幹細胞の提供時には数日間のお休みが必要になりますので、「これから忙しくなるのに大丈夫かな」と思いながらも、別に前もってわかってることなら、誰かが代わりに私の仕事をするよということも思いました。
 一応、課長と係長には説明をして、今後、休みをもらうことがあるということを伝えてましたが、それから何日も経たないうちにコーディネートが終了となってしまったので、「もう長期に休みを必要はなくなりました」というのもちょっと気恥ずかしい感じでした。
 またいつお声がけがあるかわかりませんけど。でもそのときは、もう少し自分の覚悟を決められるといいなぁということを思います。

【過去の関連記事】
骨髄バンク (2010/01/18)
骨髄ドナーコーディネート (2011/08/22)
骨髄ドナーコーディネート 続き (2011/09/02)
骨髄ドナーコーディネート 終了 (2011/09/08)

テーマ:日記 - ジャンル:日記

FC2Ad