だから歩いていくんだよ。のブログ

岐阜県内の観光や祭、地域情報がほとんど。

岐阜の米育ち豚

 今日も暑いですね…(;´・ω・) 言ってもしょうがないけど。
 終業後、冷房が切れるとすぐに部屋が暑くなったので、「冷房が切れるとすぐに暑くなるね」と同僚と話していたら、「冷房が切れたので窓を開けました」と言うんですよ。──外の方が暑いに決まっとるやろーっヾ(`д´)ノ
 ……というわけで、毎日暑いです…。

 日曜日に道の駅・パレットピアおおので、これ買いました。

 正確に言うと、母が買ったものを一つくれました。モーニングを奢ったので、お礼のつもりのようです。
 私は生姜焼きを作るときは大概豚バラを使うし、基本的にロースは買わないし食べないのですが、母がロースが好きなのね。
 というわけで(?)、お米を食べさせた豚です。生産者の菖蒲谷牧場というのは揖斐川町の牧場のようです。
 7年前に農政部にいた頃に、飼料米という言葉を初めて知ったのですが、豚や牛、ニワトリのエサとして食べさせる米のことです。
 いつごろから始まった取組みなのかは知りませんが、恐らくその頃から国が盛んに転換を促すようになったんじゃないかと思います。というのも、6次産業で米粉による加工食品生産が推奨されたのもその頃だと思うのですが、米は固いので小麦粉と違って製菓等の材料には不向き(食感に粒感が残る)だし、牛や豚のエサにするにはすりつぶさないといけない(消化の問題らしい)のですが、そういう技術ができたんだという話を聞いたことがあります。
 それに加えて、価格面で折り合いがついたので、国が飼料米の生産を推奨していた(今も?)わけです。
 価格面で折り合いがついたと言っても、輸入のトウモロコシなどの飼料よりも、普通は米の方が高いんですけど、畜産農家が安く買えるように、国が米生産農家に補助金を出して価格を下げていた(今も?)わけです。
 どういうことかというと、米の生産をキープ=田んぼをキープするために、減反政策というのがあったんですが、その代わりみたいなものです。
 国が飼料米生産に補助金を出すことにより、米生産者は売値が安い飼料米を作付けするので、田んぼが守られるというわけです。その米を畜産物生産の“原材料”とすることにより、食物の自給率が上がるという効果もあるので、畜産農家が輸入飼料から飼料米に切り替えられるように、価格の面で国が支援しているわけですね。
 そんなにまでして米を作らせなくても、別の作物(売れるもの)を作ることを推奨すればいいんじゃないかと思ったのですが、田んぼ=農地を守る一番早い方法は、米を作ることなんだそうです。特に、岐阜県のようにほとんどが兼業農家というところでは、米作りが、実は余り手間がかからないので向いているようです。
 しかも、飼料米って、特別なお米なのかということも思ったのですが、「普通のハツシモやよ」と言われたときも衝撃でした。全く同じ米なのに、人の食用だと高く販売されて、飼料用だと安い値が付くわけです。
 同じ品種を作付けしている理由は、聞いてみたらそれは納得しました。
 今はどこの農家もライスセンターで精米するので、精米後の米の混合を避けるためには、ライスセンターの稼働を止めたうえで、機械の中に例えばハツシモが残っていないかチェックし掻き出す必要があるそうです。その手間が大変すぎるので、エリア内は同じ品種を作付けする方がいいそうです。なるほど。
 個人的には、農地を守るには、工業製品生産のように“売れるもの”を生産すべきだと思いますし、同時に生産コストを下げる必要もあると思います。そのために必要なのは、補助金じゃなくて、家内工業的な農業(家族経営)から資本経営に転換させる政策じゃないかと思っています。
 戦後の農地解放は、たくさんの“小資本”農家を生み出したわけですが、生産の効率化のためには大資本による農地の集約と販売戦略等を検討できる専門スタッフを擁して、ちゃんと農業を“経営”する必要があると思います。
 要するに、戦後の農地解放は、『蟹工船』の世界から脱却する方法として、労働者それぞれに小さい船を与えたのと同じこと。小さい船で、しかも働き手は家族しかない状態だと収量は知れているし、一定の収入を上げることはできても、決してそれ以上にはならないわけです。なので、人々は船(田畑)を手放し、あるいは片手間に操業しながら、もっと稼げる仕事に就くわけですね。というわけなので、極論を言えば、工場労働者の権利を保障したように、小作農の権利を保障する方がよかったんじゃないかという気もします。
 まぁ、農地解放は一時的には日本を救ったわけなので、きっと当時は“正解”だったんだろうと思います。ただ、その後の社会の変化に合わせて、農業政策は変えていかなかったことに問題があるんだろうという気はします。
 ま、でも最近は、農家以外の農地の売買が以前よりしやすくなりましたし、企業の参入も増えているので、徐々に変わっていくんじゃないかと思います。
 ……というわけで、随分話がズレましたが、米を食べさせて育てた豚です。
 生姜焼きにして食べましたが、バンバン味付けしてしまうので、他の豚肉との違いは正直なところわかりませんでした。(;^ω^)
 ただ、菖蒲谷牧場というのは、飼料米を買っているのではなく、飼料米の生産もしているようです。おいしくて安全なものを生産するためには、全部自分で作る、ということになるわけですね。

【過去の関連記事】
米粉パン (2011/05/03)
農村と商店街 (2011/05/12)
飼料米を給与した鶏卵 (2012/02/21)
スポンサーサイト

テーマ:岐阜県 - ジャンル:地域情報

本日の長良川

 相変わらず、暑い…( ;∀;)
 あれから長良川の様子はどうなったかな、と思ったので、見に行ってきました。
 比較できるように、先日の写真に追加してみました。
  2018年7月8日(大雨特別警報解除後)
  2018年7月16日(本日)
  2015年1月6日(前回の比較写真)
の順に並べてあります。
20180708_長良川02 20180708_長良川04 20180708_長良川07
20180716_長良川01 20180716_長良川02 20180716_長良川05
穂積大橋35 穂積大橋38 穂積大橋46

20180708_長良川11 20180708_長良川13 20180708_長良川15
20180716_長良川09 20180716_長良川14 20180716_長良川15
穂積大橋07 穂積大橋12 穂積大橋13

20180708_長良川09
20180716_長良川07
穂積大橋54
 改めて、先週は大変な水量だったんだなぁということを思いました。
 本当によく持ちこたえてくれたと思います。
 先週水没していた看板も、今は丸見え。
20180708_長良川10 20180708_長良川12
20180716_長良川08 20180716_長良川11
 水底の石まで丸見え。
20180716_長良川03
 もちろん、いろんなものが流れ着いていて、増水の痕跡は残っているんですけども、完全にいつもの穏やかな川に戻っていました。
20180716_長良川04 20180716_長良川12 20180716_長良川13
 ジョギングしている人もいました。
20180716_長良川06 20180716_長良川10

【過去の関連記事】
[長良川の水防関係]
長良川の陸閘 その1 (2012/05/31)
長良川の陸閘 その2 (2012/06/01)
長良陸閘の水防訓練 (2012/06/03)
大薮・薩摩洗堰跡 (2012/07/14)
防災情報の可視化 (2013/01/20)
大宮陸閘の水防訓練 その1 (2013/05/26)
大宮陸閘の水防訓練 その2 (2013/05/27)
台風一過 (2014/10/14)
犀川制水樋門 (2015/01/20)
長良大橋付近の河道掘削 (2015/02/09)
長良川の水位 (2016/10/02)
大雨特別警報解除後の長良川 (2018/07/08)

[他の川の水防関係]
防災対応 (2011/05/30)
勝山陸閘の操作訓練 (2012/09/10)
「ご迷惑をおかけします」 (2012/09/11)
川島町のもぐり橋 (2013/06/18)
津屋川水門 (2014/11/19)

【長良川とその支流に架かる橋の話】
[長良川]
鮎ノ瀬橋[岐阜県関市] (2015/05/06)
鵜飼い大橋[岐阜県岐阜市](2013/05/25)
鏡島大橋[岐阜県岐阜市](2014/10/14)
JR東海道本線の長良川橋梁 その1[岐阜県岐阜市・瑞穂市](2015/01/13)
JR東海道本線の長良川橋梁 その2[岐阜県岐阜市・瑞穂市](2015/01/14)
JR東海道本線の長良川橋梁 その3[岐阜県岐阜市・瑞穂市](2015/01/15)
JR東海道本線の長良川橋梁 その4[岐阜県岐阜市・瑞穂市](2015/01/16)
穂積大橋 その1[岐阜県岐阜市・瑞穂市](2015/01/08)
穂積大橋 その2[岐阜県岐阜市・瑞穂市](2015/01/09)
穂積大橋 その3[岐阜県岐阜市・瑞穂市](2015/01/10)
長良大橋 その1[岐阜県岐阜市・大垣市墨俣町](2015/01/04)
長良大橋 その2[岐阜県岐阜市・大垣市墨俣町](2015/01/05)
長良大橋 その3[岐阜県岐阜市・大垣市墨俣町](2015/01/06)
東海大橋 その1[岐阜県海津市海津町・愛知県愛西市給父町](2014/10/29)
東海大橋 その2[岐阜県海津市海津町・愛知県愛西市給父町](2014/10/29)
東海大橋 その3[岐阜県海津市海津町・愛知県愛西市給父町](2014/10/29)
長良川大橋[岐阜県海津市海津町・愛知県愛西市立田町](2013/01/11)
[天王川]
前野橋[岐阜県瑞穂市](2015/01/17)
[犀川]
新犀川橋と太閤出世橋[岐阜県大垣市墨俣町](2015/01/21)
犀川制水樋門[岐阜県大垣市墨俣町](2015/01/20)
犀川橋[岐阜県大垣市墨俣町](2015/01/19)
墨俣橋[岐阜県大垣市墨俣町](2015/01/07)
上宿橋[岐阜県大垣市墨俣町](2015/01/18)

テーマ:岐阜県 - ジャンル:地域情報

道の駅 パレットピアおおの

 ちょっと暑すぎないですか?(´Д`;)
 三連休なのでどこかに出かけようかと思いましたが、そんな気力もなく、先日オープンした道の駅・パレットピアおおのに行ってきました。
 オープン直後という事情があるので、駐車場が停められるかなと心配していました。以前、可児の道の駅に行ったときは、オープンしてしばらくは停めるのが大変だったんですよ。でも、想像以上に駐車場が広くて、問題なく駐車できました。
 ただ、私はほぼ営業開始と同時に入ったせいかもしれません。帰る頃(10時くらい)には、結構行列ができてたみたいです。駐車場整理の人が立っていなかったので、余計に混雑したと思います。初めての場所なので、みんな、どこに停めたらいいかわかりませんからね。
 車を停めて歩き出すと、母に「ショッピングモールなの?」と聞かれました。確かに一瞬そんな気がしますね。
20180715_パレットピアおおの01 20180715_パレットピアおおの02
 中は…
20180715_パレットピアおおの03 20180715_パレットピアおおの04
 広ーいヽ(^o^)丿
 レストランとパン屋さんと物販(生鮮食品とお土産、花)がありました。
 高速道路のSAっぽいなぁと思って見ました。
 道の駅というと、地元の生鮮食品や花(要するに農産物)がたくさん売られているところが多いのですが、ここは、いわゆるお土産物(箱菓子とか加工品)が結構な面積を占めていました。
 パン屋さんとかレストランもおしゃれだし、来年度開通予定の東海環状自動車道のインターチェンジ近くの立地なので、都会から来る人達(恐らくはアクティブな若い層)を意識した作りになってるんじゃないかと思います。
 外には、円形の広場と、それをぐるりと取り囲む屋根がありまして、その下では、テーブルが置かれて飲食ができるようになってましたし、恐らくオープニングイベントとしてのクラフト販売などのブースも出てました。
20180715_パレットピアおおの06 20180715_パレットピアおおの07 20180715_パレットピアおおの08 20180715_パレットピアおおの09
 あとは、子供を遊ばせることができる部屋(というか小屋)。
20180715_パレットピアおおの05
 大野町の特産品のバラは、駐車場の一角にあり。
20180715_パレットピアおおの10 20180715_パレットピアおおの11
 とまぁ、こんな感じでした。
 物販スペースに、こだわりの加工品がたくさん並んでいたので、立ち寄る都度、ちょこちょこ買ってみたいと思います。

【過去の関連記事】
大野町の下水道 (2012/06/18)
大野町バラ公園 (2018/06/02)

【岐阜県内の道の駅の記事】
美濃にわか茶屋 (2007/09/25)
道の駅 志野・織部 (2008/09/03)
東濃道の駅連合会 (2010/03/06)
道の駅・可児ッテ (2010/10/21)

テーマ:岐阜県 - ジャンル:地域情報

おもしろい犬

 以前にも紹介したとおり、今年の干支を飾っておくと縁起がいいかなぁと思って職場に犬の置物を置いています。
20180709_おもしろい犬03 20180104_犬の置物01
 ……自分で作った陶器なんで、ゆるいですけど。(^_^;)
 今年のお正月用の箸置きもたくさん作りましたが、正直なところ、猫やウサギと違って犬は難しいなぁと思ってました。なかなかかわいくできないのよねぇ。
 でも、年賀状のイラストにオコ坊・ニコ坊を描いた際、「自分の犬の致命的な欠陥は目の形じゃないか?」と思ったのと、「寂しいと思って体に色を塗ったけど、白い犬でいいんじゃないか?」と思ったので、試しに「つぶらな目をした白犬」と作ってみたのがこちら(一つは今までの目を踏襲)。
20180709_おもしろい犬01 20180709_おもしろい犬02
 先月、たくさん焼成されていた中に紛れてます。
20180624_陶芸教室01
 結論から言うと、丸いつぶらな目の方がかわいいっすね。
 というわけで、本日、職場の犬を置き換えました。
20180709_おもしろい犬04 20180709_おもしろい犬05
 全身が白い犬なので、おもしろい犬(尾も白い犬)ってことで、縁起もよさそうな気がしますしね。
 ちなみに、周囲の猫のうち4匹もおもしろい猫です。

テーマ:陶芸、作陶、陶芸教室 - ジャンル:趣味・実用

大雨特別警報解除後の長良川

 今回の雨はひどかったです。
 私も休みの日に一日職場に詰めていましたが、そのとき、職場の同僚と、恵南豪雨を思い出すという話をしていました(当時、恵那にいたらしい)。降り方が、しとしとじゃなくてゴーッって感じなんですもの。台風を伴った秋雨っぽいと思いました。

 本日は一日自宅にいるつもりでしたが、少し所用あって午前中に穂積大橋を渡ったところ、長良川の水位の高さにびっくりしたので、急いで近くの駐車場に車を駐めて写真を撮ってきました。
20180708_長良川01 20180708_長良川03 20180708_長良川14
 もう、堤防の上端にすぐそこというところまで水面が高くなってます。
 昨夜、長良川の墨俣水位観測所や忠節水位観測所の「水位が氾濫注意水位に達しました」というメールが届いたのも納得です(「ぎふ川と道のアラームメール」というメール配信サービスに登録しているため。誰でも登録できます)。
 また、「ぎふ川と道のアラームメール」が、長良川陸閘の閉鎖による長良橋の閉鎖も伝えてくれましたので、「やっぱり長良川はとんでもないことになっている」ということだけはわかりましたけど(閉鎖は14年ぶりだそうです)、実際に川を見ると驚きますね。
 以前に撮った、ほぼ同じ角度の写真と見比べてみると、水量の多さは一目瞭然です。
20180708_長良川02 20180708_長良川04 20180708_長良川07
穂積大橋35 穂積大橋38 穂積大橋46

20180708_長良川11 20180708_長良川13 20180708_長良川15
穂積大橋07 穂積大橋12 穂積大橋13

20180708_長良川09
穂積大橋54
 というか、これでもまだ「氾濫“注意”水位」なんですね…。((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
 平時なら河川敷利用者のために設置されている看板も、ほぼ完全に水没。
20180708_長良川10 20180708_長良川12
 川面にはゴミ(流すつもりはなかったけど流れてしまった生活用品など)も流れているのですが、中には、竹が丸々一本とか太い木の切り株が根のついた状態で流れてきていたりしましたので、どこかで濁流に根こそぎ流されたんだということがわかります。
20180708_長良川05 20180708_長良川06
 今回は、岐阜市が小雨の日でも長良川の上流部でずっと雨が降り続いているという状態だったので、すごく不気味でした。
 長良川の水位がどんどん上がっていたので、実を言うと、このまま降ったら内水氾濫も発生するんじゃないかということも心配していました(長良川に排水できなくなるから)ので、ついでに、長良川に並行している川(論田川と天王川)も見てみましたが、ご覧のとおり、いたって平和な感じなのでした。
20180708_長良川の支流 論田川01 20180708_長良川の支流 論田川01 20180708_長良川の支流 天王川
 堤防の向こうはすごいことになっているのに、堤防のこっち側(人が住むエリア)は平和な風景が広がっているわけですよ。堤防が暮らしを守ってくれたわけですよ、感動しますねぇ。
 私は素人なのでわからないのですが、恐らく昭和51年の9.12豪雨災害(安八町の堤防が決壊した)以来の河川改修工事の成果が出てるんじゃないかと思いました。
 防災のための土木工事とか設備というのは、一般人には今一つありがたみがわからないわけですけど(今の生活の利便性を向上させてくれるものではないから)、目立たないけど実はものすごく重要なのよねぇ。
 それに、昔(江戸時代)は尾張側の堤防を決壊させないために美濃側の堤防を低くしていたようですけど、もちろん、そんなふうにどこかの堤防を人為的に決壊もしくは越水させることができれば、河川はもつし特定のエリアは守れるわけですけども、今は長良川沿いのどの地域にもたくさんの人が住んでいて、全部のエリアを守らなくちゃいけないので、河川の防災工事って本当に大変だろうなぁと思います。
 長良川は、今回の未曽有の大雨をよく乗り切ってくれたなぁという感じです。
 それから、堤防のアンダーパスのところでは、こんな看板も見つけました。
20180708_長良川08
 平時の河川改修とか管理の他に、災害時にもフル稼働してくれて(昨夜、岐阜県庁や岐阜土木事務所の電気は一晩中ついていた)、国土交通省とか、岐阜県の県土整備部とか、市町村の土木部署とか、こういうところで働いてくれている人には本当に感謝です。
 それから、以前、訓練を見に行きましたけど、陸閘の閉鎖には地元の水防団の人もたくさん出動されています。
 今回、岐阜県では初めて大雨特別警報が発令されたわけですけど、いろんなところでいろんな人が働いてくれてたんだなぁ(当日はもちろん事前の防災対策も含めて)ということを改めて思いました。

 余談ながら、今日は歩くつもりで出かけていないので、靴擦れしました…(;´・ω・) ちょっと歩くだけのつもりだったのに、結局30分以上歩いたので汗もかきました。でも、最近、こういうことがなかったなぁと思いました。汗をかくことはそりゃま、今年何回もありましたけど、化粧が崩れるのを気にせず、体を動かしてダラダラ汗をかくというのはないなぁと思いました。また歩くのを再開しなくちゃな、と思いました。自分で思っていた以上に、気持ちが疲れていたのかもしれないなぁということも思いました。

【過去の関連記事】
[長良川の水防関係]
長良川の陸閘 その1 (2012/05/31)
長良川の陸閘 その2 (2012/06/01)
長良陸閘の水防訓練 (2012/06/03)
大薮・薩摩洗堰跡 (2012/07/14)
防災情報の可視化 (2013/01/20)
大宮陸閘の水防訓練 その1 (2013/05/26)
大宮陸閘の水防訓練 その2 (2013/05/27)
台風一過 (2014/10/14)
犀川制水樋門 (2015/01/20)
長良大橋付近の河道掘削 (2015/02/09)
長良川の水位 (2016/10/02)
[他の川の水防関係]
防災対応 (2011/05/30)
勝山陸閘の操作訓練 (2012/09/10)
「ご迷惑をおかけします」 (2012/09/11)
川島町のもぐり橋 (2013/06/18)
津屋川水門 (2014/11/19)

【長良川とその支流に架かる橋の話】
[長良川]
鮎ノ瀬橋[岐阜県関市] (2015/05/06)
鵜飼い大橋[岐阜県岐阜市](2013/05/25)
鏡島大橋[岐阜県岐阜市](2014/10/14)
JR東海道本線の長良川橋梁 その1[岐阜県岐阜市・瑞穂市](2015/01/13)
JR東海道本線の長良川橋梁 その2[岐阜県岐阜市・瑞穂市](2015/01/14)
JR東海道本線の長良川橋梁 その3[岐阜県岐阜市・瑞穂市](2015/01/15)
JR東海道本線の長良川橋梁 その4[岐阜県岐阜市・瑞穂市](2015/01/16)
穂積大橋 その1[岐阜県岐阜市・瑞穂市](2015/01/08)
穂積大橋 その2[岐阜県岐阜市・瑞穂市](2015/01/09)
穂積大橋 その3[岐阜県岐阜市・瑞穂市](2015/01/10)
長良大橋 その1[岐阜県岐阜市・大垣市墨俣町](2015/01/04)
長良大橋 その2[岐阜県岐阜市・大垣市墨俣町](2015/01/05)
長良大橋 その3[岐阜県岐阜市・大垣市墨俣町](2015/01/06)
東海大橋 その1[岐阜県海津市海津町・愛知県愛西市給父町](2014/10/29)
東海大橋 その2[岐阜県海津市海津町・愛知県愛西市給父町](2014/10/29)
東海大橋 その3[岐阜県海津市海津町・愛知県愛西市給父町](2014/10/29)
長良川大橋[岐阜県海津市海津町・愛知県愛西市立田町](2013/01/11)
[天王川]
前野橋[岐阜県瑞穂市](2015/01/17)
[犀川]
新犀川橋と太閤出世橋[岐阜県大垣市墨俣町](2015/01/21)
犀川制水樋門[岐阜県大垣市墨俣町](2015/01/20)
犀川橋[岐阜県大垣市墨俣町](2015/01/19)
墨俣橋[岐阜県大垣市墨俣町](2015/01/07)
上宿橋[岐阜県大垣市墨俣町](2015/01/18)

テーマ:岐阜県 - ジャンル:地域情報

FC2Ad