FC2ブログ

だから歩いていくんだよ。のブログ

岐阜県内の観光や祭、地域情報がほとんど。

ミミズの大量死現場

 暑いですね。
 ラードが溶ける温度なのに、体脂肪が溶けないのは何故でしょうか(謎)。
 明日から例によって法隆寺に行くんですが、連日の猛暑が今後も続きそうなので、ベランダの植木鉢を屋内に入れて出かけることにしました。
 このところ、部屋を2日以上空ける場合はアルミ箔で植木鉢の表面を覆っていたのですが(熱除けになる)、この暑さはそんなレベルではないだろうと思って、部屋に避難させることにしました。部屋の中も暑くなると思うのですが、外に置いておくよりはマシでしょうから。

 さて、昨日の朝、気づいたのですが、通勤路の路上でたくさんのミミズが干からびていました。
 これまでにも干からびたものを見たことはあるのですが、こんなにたくさん Σ(・ω・ノ)ノ!? という驚き。
 一応、証拠写真は撮ったので載せますけど、うっかり見て不快になる人もいるでしょうから、記事のラスト【続きを読む】のところに載せておきます。
 ミミズは皮膚呼吸なので、土中に水が多くなりすぎると酸素不足で呼吸困難になるため、雨の後などに地上に這い出ることがあるのは承知していましたが、こういう天気の良いときに、こんなにたくさん地表に出てきて干からびているのはなぜかと思いました。
 こんなにたくさんいるということは、たまたまそうなったということではなくて、これがミミズにとっての普通の行動なんだろうと思いますが、大量死しているのは街路樹の周辺だけなんですよ。空地の前の道や水路脇の道にはいません。
 ということは、街路樹の生えている土の部分は、狭くてしかもアスファルト等に囲まれているので、この猛暑でかなりの高温・乾燥状態にあるんじゃないかと思いました。
 耐えられなくて思わず地表に出たけれど、地表の方がもっと過酷だった、ということなんじゃないかと思います。ヒトに置き換えると、すごく恐ろしい世界です。
 過酷な環境を脱出してフロンティアを目指したけど、たどり着けなかったという言い方もできるかもしれませんが、「自ら脱出」だとこんな大量死はしないでしょうから、やっぱり「やむにやまれず外に出た」というのが正解なんでしょうね。怖い…(((;゜;Д;゜;)))
 せめて、昔みたいに、毎日、夕立が降ってくれると少しは改善されるんでしょうにね。
 というわけで、昨日と違って、涼しそうじゃないけど夏を満喫な写真を載せておきます。
美濃橋付近の水難事故多発現場07 水難事故防止緊急合同啓発05
 美濃市内の長良川関市(多分旧洞戸村)内の板取川

 ミミズの大量死現場の写真はこの下。【続きを読む】を開けると出てきます。

【過去の関連記事】
夏は暑い (2007/08/12)
多治見市役所の温度計 (2010/08/19)
クールアイランド舗装の実証実験 (2010/08/26)
夏は暑い (2011/06/27)
田んぼの効能? (2013/07/22)
本日は大暑です (2018/07/23)


20180724_ミミズの大量死現場01 20180724_ミミズの大量死現場02
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ちょっと気になる事 - ジャンル:その他

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://misuzuo.blog34.fc2.com/tb.php/2287-3141b6d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad